鹿との衝突って北海道では結構よくある

投稿者: | 2016年3月26日

自分は車の運転をしないのですが、人に乗せてもらってドライブするのは昔から大好きです。ちょっとずるいですよね。今はカーナビもあるので、助手席でナビゲーションする必要もなく、ただ乗っているだけでいいんですから。夫と以前、北海道の知床をドライブしてきたことがあります。海も山もきれいで、道も一本道でわかりやすく、のんびりとドライブしていました。途中おいしいものを食べたり、温泉に浸かったり。大自然を満喫しながらのドライブを楽しんでいました。交通量もそれほど多くなく、少しくねくねしていますが、おおむね快適な道です。しかし、知床峠に近づくと路肩のあちらこちらにエゾシカが!かわいいんですが、危ないです。いつ飛び出してくるかヒヤヒヤしながらの運転になりました。ナビはしないかわりに、鹿の見張り番になる私。「そこ、鹿いるよ!」「鹿!…じゃなくて樹の幹だった」とか、ビビりすぎの私でした。でも鹿との衝突って北海道では結構よくあるんですよね。うちの夫も以前ぶつかったことがあるんです。大きな車だったので、夫のほうには怪我がなかったのが幸いでしたが…。そんなこともあったので、ゆっくり気を付けながらのドライブでした。ふと気づけば、景色をほとんど見ていない、鹿発見ゲームみたいなドライブになりました。そのあと知床の奥の方にある、ヒグマを見られるポイントへ。岩尾別川という川を見下ろせるポイントがあるのですが、そこに高確率でクマが現れるらしいです。私たちが行ったときも、すでに路肩に一時停止した車がたくさん!本当にヒグマがいました。みんな車を止めて何百メートルも先のクマを見ています。遠くからなので小さいけれど、本物のクマを見られたことに大満足でした。そのあとは再び鹿をよけながらのドライブ。鹿もクマも、大自然そのものをじかに感じるドライブになりました。