瀬戸内の海岸線を巡って

投稿者: | 2016年3月21日

特に何もスケジュールを決めないまま、あえてロングドライブを数日間楽しんでみるというのも良いものですね。確かに纏まった休日や資金を始め求められる条件も多いのですが、決して期待を裏切らず、大抵充実した日々を過ごさせてくれるものです。

私も度々休暇を取っては特に予定を定めず大まかな目的エリアだけを定めロングドライブに出掛けます。去年の夏は3年ぶりに広島東部にある瀬戸内の海岸線を巡ってきました。

夏は日中うだる様な暑さですが朝は意外とピリッと冷え込み、その時間帯に掛けてのドライブも眠気に襲われる事無く捗ります。自宅のある神奈川からは新東名・新名神・山陽道を経由して約10時間、前日深夜からほぼ休み無しでドライブを続け、最初に尾道に降り立ったのは翌日の昼前でした。

千光寺の丘からゆったり眼下の風景を眺めた後は道中現れる猫と戯れながら坂を下り、街中で飲食を楽しんだ後は駅横のビジネスホテルで一泊、翌日は海岸線を西に向かいます。

湘南や房総の風も強く荒れた海がイメージとして強く残っている自分にとっては、冬でも風が穏やかでどこまでも静かな海面が広がる瀬戸内の多島海の風景がとても感動的で面白く、ちょっと車が停められるスペースがあればそこに停め、手持ちのデジカメで撮影を楽しむという状態でした。その為半日掛けて呉市街に到着するイメージでいたのが丸々1日一杯掛かってしまい、その日の宿を確保するのも大変な状態だったのです。

3日目は呉市街で大和ミュージアムを始め各博物館や記念館をゆったり巡る事に。久しぶりにほぼ1日車は駐車場に預けっ放しでしたが、軍艦好きの自分にとって長時間居座っても一切飽きの来ないエリアで充実の一日を過ごせたのです。

最終日はもう一つの目的でもあるチヌ釣りの為更に南に位置する江田島へ。穏やかな海岸線でのんびりとルアーロッドを振り、都合3匹を釣ったところで全ての目的を達し、引き上げる事としたのです。淡々と冷静に書いてきた割には結構エキサイティングに楽しめた今回のドライブ旅行でした